レビトラとED外科手術の評判

外科的手術が適応出来るED(勃起障害)には、動脈性EDと静脈性EDの2種類があります。
動脈性は動脈硬化などが原因で、陰茎への血液供給量が落ちることで起こるEDです。
一方、静脈性は陰茎への血液供給量は十分だが、海綿体に血液をとどめておく機能が弱まっているため、EDが起きてしまうタイプです。
動脈性のEDに対しては、健全な血管をつなぎ合わせて、血行障害の部分を迂回する血管縫合などの処置が行われます。基本的には陰茎周辺の健全な血管を選んで使いますが、適用できない場合には、身体の他の部位から切り取ってきた血管を使ってバイパス手術することもあります。
静脈性のEDに対しては、陰茎からの血液が流れ出てしまわないように血管を狭めたり、塞いでしまう手術を行います。外科用の糸で血管を縛ったり、詰め物をして血管を塞いでしまいます。こうすることで、血液が流れ出てしまうのを食い止めて勃起しやすいようにします。
外科的な手術以前の段階では、レビトラなどのED治療薬が使われています。レビトラは、即効性が高いことで評判があります。また、700kcal(うち脂質30%以下)の食事ならば効果に影響が出ないという所も評判です。
他のED治療薬と同じように血流を改善させて勃起を促す薬ですが、レビトラはその中で一番即効性があると評判です。行為まで時間がない人、チャンスがいきなりやってきた人、などに向いている薬です。
レビトラは基本的には病院処方ですが、個人輸入でも購入可能です。偽造品が多く出回っているのでそれには細心の注意が必要ですが、正規品を入手することができれば、病院処方よりもコストパフォーマンスが良いです。さらにジェネリック医薬品だと先発品の2割程度の値段で買えます。