レビトラとPEの薬を併用したらどうなる?

レビトラはバイアグラより即効性があり、持続性が長く、副作用も少ないED治療薬です。さらには、食事やアルコールの影響を受けにくいことでも知られています。
早漏症(PE)は勃起の硬さが不足することで感度が上昇し、勃起の維持が難しくなることが原因で起こることが知られていますが、レビトラなどのED治療薬は勃起の硬さを増し、勃起の維持に効果があるので、PEの改善に効果があります。さらに、レビトラはバイアグラやシアリスなどの他のED治療薬よりも早漏改善に効果があるという報告もあります。
早漏症の多くが心因性早漏であることが知られています。つまり、男性の機能に問題があるのではなく、ストレスや不安などの精神面に原因がある場合が多いのです。そのようなストレスや不安、さらには緊張や過度の興奮などにより、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足します。セロトニンには射精を促すノルアドレナリンを抑制する効果がありますが、精神的な問題によりセロトニンが不足した男性はノルアドレナリンが多くなりすぎ、早期に射精することになってしまいます。そのため、早漏症の治療にはSSRI(セロトニン再取り込み阻害)という抗うつ剤が処方されます。
そのようなSSRIの中で早漏症に処方されるものの代表がプリリジーです。プリリジーを内服することで挿入から射精までの時間が3~4倍に延長されます。さらに継続使用で効果が増強されていきます。
レビトラ単体でのPEに対する効果はPE治療薬には及びません。しかし、レビトラはPE治療薬の相性はよく、併用することで高い相乗効果が期待できます。特にプリリジーとの相性がいいことで知られています。といっても、併用してはいけない薬もあるので注意が必要です。