高血圧性EDにレビトラと中国製品の輸入代行

高血圧は糖尿病と並んでED(勃起障害)の原因になりやすい、という研究結果があります。エビデンスははっきりしていませんが、高血圧患者では27~68%がEDを患っていると言われています。研究によって差がありますが、何らかの関係性があるのではないかと言われています。
高血圧でEDが起こりやすくなるのは、動脈硬化が進んでいる可能性があることと関係しています。動脈硬化だけでもEDのリスクを高めてしまいますが、さらに高血圧で降圧剤を使っていると相乗効果でEDが起こりやすくなります。
つまり、器質性と薬剤性のEDが複合した状態です。
これに対しては、レビトラなどの治療薬が効果を発揮します。降圧剤で血圧をコントロール出来ている患者に対しては、レビトラなどの治療薬を使えます。ただし、血圧を薬で管理出来ていない場合には心臓に影響が出る危険性があるので、使えない場合もあります。
じっくり治していきたいというのならば、精力剤が有効な可能性もあります。精力剤はレビトラなどの薬と異なり、サプリメント(栄養補助食品)扱いです。即効性はありませんが、体の機能を改善していきながらEDを治していくことが出来ます。精力剤のメインの成分はアルギニンで、これには精子の数を増やしたり、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管拡張作用がある物質を増やす作用があります。
薬や精力剤を入手するルートとして、海外から輸入代行で手に入れる方法があります。輸入代行すると病院処方よりも安く手に入れられたり、1ヶ月分ならばまとめ買いが出来るというメリットがあります。ただし、輸入代行業者を選ぶ場合には、流通ルートがしっかりしている所を選びましょう。中国の工場では、覚せい剤と一緒にED治療薬を製造していた所もあります。中国のすべての工場がこのような環境であるわけではありませんが、注意が必要です。中国人向けに作られた治療薬もあります。