レビトラが他のED治療薬とちがうところ

レビトラが他のED治療薬と異なるところは、効果の即効性と副作用の違いです。これは、レビトラよりも前に発売されたバイアグラと比較すればすぐにわかります。
レビトラは、バイアグラの効能をより高めるために開発されたED治療薬であるため基本的な効能は全てバイアグラよりも上です。
では、バイアグラのそれまでの問題点とは一体なんだったのでしょうか。バイアグラが優れたED治療薬で画期的な薬として世界に発信されたことは事実ですが、バイアグラを使用すると身体に対して重大な副作用が生じることもありました。これは、バイアグラの成分そのものが悪いのではなく、正しく服用しなかった患者が引き起こしたことです。しかし、バイアグラは単体の成分ではなくほかの成分と組み合わさると効果に不透明な部分が生じてしまうのもまた事実でした。例えば、服用前と後で食事を取っているとその食事の影響を非常に受けやすいというデメリットがあったのです。また、即効性に関しても空腹時と食事を取った後では全く異なっており、中には服用してから1時間程度かかることもあったのです。
こうした問題点を改善したのがレビトラなのです。レビトラは、バイアグラよりも即効性があり服用後15分から30分程度で効果を発揮します。さらに、食事による副作用が最小限に抑えられており、だいたい800キロカロリー程度の食事ならばとっても全く効果に影響を与えないことがわかっています。持続時間も最大で10時間程度続くなどすべてにおいてバイアグラよりも優れたED治療薬として開発されました。
世界では、既にレビトラのジェネリック医薬品が登場しており日本国内でもクリニックに行けば服用することが可能です。